ほおの木、くみの木生活 hpylori.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

デジイチ写真を中心に


by hpylori
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

草原の河




草原の河というチベット映画を見てきました。(リンク先の右上で予告動画が見られます)
小さい女の子が主人公で、あと両親やちょっとだけしか登場人物が居ない地味な映画です。

同じ日にネパール地震の震源地の村を旅して作ったドキュメンタリー映画「世界でいちばん美しい村」も見たのですが、こっちの地味なチベット映画の方が気に入りました。

遊牧民として暮らしていて、電話もテレビもなく、とんでもなく何にも無い、原チャリくらいしか文明っぽいものが無い。
友達だって居ない。そういう静かな生活の中にも成長すべきタイミング(母の妊娠とかペットの山羊が死んじゃうとか)がいくつかあって、この子なりに乗り越えていってるんだなぁと。

今思い返してみても、本当に特になにも起こらなかった映画だなぁ。感想も書きようが無い。でも、面白かった。
印象に残ったのは、あんな地域でも原チャリのナンバープレートが中国語だったことかなぁ。

チベット語と韓国語が何となく似てるような気がして、帰ってネットで調べていたら、全然関係ないけど面白いページを見つけてしまった。究極の文字をめざしてというサイト。色んな国の文字が紹介されている。丸っこい文字は可愛い。
漢字ほど種類の多い言語を作ったのは中国くらいだろうなぁ。

[PR]
by hpylori | 2017-06-20 22:58 | 映画 | Comments(0)