ほおの木、くみの木生活 hpylori.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

デジイチ写真を中心に


by hpylori
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2007年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧


胸焼けと頭痛の日曜


日曜は何を間違ったのか朝起きてすぐカツ丼を作って食べました。これは失敗でありました。その後ずーっと気持ち悪かった。
f0044029_7575334.jpg
そして、友達が貸してくれた「9.11テロ捏造」という本を読んでいたら頭痛がしてきました。この本は9.11がアメリカの自作自演だったというのを証明しているだけでなく過去の色んな戦争についてもアメリカが沢山自作自演や捏造をしたというのを証明している内容です。
私は情けないことに政治や歴史に全く無知なので読んでいて余りのことに何が本当なのかワケが分からなくなってきて脳が痛くなったのであります。あと、この執筆者(アメリカ人)の文章がひどいのと本の編集もかなり下手なのが頭痛の一因になってる気もしました。徳間書店なんて名のある会社なんだからもうちょっと上手に作れよな〜。

この本を読んで(まだ半分しか読んでないけど)、自分の仕事が理系で良かったなぁとつくづく思いました。理系にはウソや捏造はあんまり無いからね。
[PR]
by hpylori | 2007-07-31 08:00 | アメリカ生活 | Comments(2)

蓮見物


Kenilworth Park and Aquatic Gardensという所へ行ってきました。f0044029_7593483.jpg蓮がとても綺麗だったけれど、蓮以外は何もないところでした。

同僚に「週末は蓮を見てきたよ」と言ったら「それはインドの国花だ」と教えてくれました。蓮と言えばお釈迦様とかそういった仏教系のお花だと思っていたから意外だなぁと思ったら、ヒンドゥーの神様(沢山居る)の一人で学問の神様は蓮の花の近くに座っているそうです。仏教は元々インドからだからそういう似たこともあるんだろうなぁと適当に考えました。

この日は雲がポカンポカンしていて、マグリットの絵みたいで面白かったです。写真にはあまり上手に撮れなかったので残念。
f0044029_7591466.jpg

その後友達のお家に遊びに行って、のんびりしていたらすごく遅い時間になりました。電車とバスで帰るのに恐いなぁ〜と思って心配していたら、ありゃま〜です。深夜にも関わらずバス停の近くのジョージタウンにはわんさか人がいて飲み屋さんやアイスクリーム屋には行列が出来てるよ〜。車は渋滞気味だし。。。いかに自分が夜遊び歩いていないかを実感しました。深夜過ぎてあんなに賑わってるなんて!!
[PR]
by hpylori | 2007-07-24 08:19 | アメリカ生活 | Comments(6)

中華土産


北京に里帰りしていた同僚が戻ってきました。
お土産を持って。
f0044029_7311736.jpg一つは胡麻のお菓子でもう一つはおつまみ系の乾燥ビーフ(写真)。
このパッケージ・・・やはり中国のセンスって素晴らしいね。ローラースケートで遊ぶ牛。

漢字を使う人には一目瞭然の牛肉ですが、これは、インド人でベジタリアンの同僚には言っておかなくては大変なことになります。

前にボス(日本人)が日本から「お好み焼きせんべい」というベタなお土産を買ってきた際、彼女は口に入れるなり「Oh my God」と言って出していました。「何かいけないものを食べた気がするけど、中身は何?」と私に聞いてきたのでパッケージを見ると「Fish powder」と書いてました。多分それがダメだったみたいです。

ということで「これはビーフだから食べない方が良いよ」と伝えたら「中国人はチョコレートにビーフを混ぜるの?」と言って驚いてました。確かに、このファンシーな包みはチョコかキャンディーにしか思えない。

日本にもこれにそっくりなのがありますよね?肉か魚かよく知らないけどおつまみで。私も子供の時に叔父さんがそれを食べているのを見て「おっさんでもあんな可愛らしいチョコレートを食べるんだなぁ」と思って一つもらったらチョコじゃないのでがっかりした記憶があります。
甘くはないけど意外と美味しいものだなぁとも思った気もするな。

そういえば、昔何かで読んだのを思い出しました・・・アメリカのコンビーフとかニューコンビーフの缶にはそれぞれ牛や馬の絵が描いてあるけど、そーゆーのが日本人は凄く嫌いなんだそうです。肉を食べるのに動物を食べていると考えたくないとか何とかで、だからお肉にもカシワとかボタンとか植物の名前を付けて読んだりするって。今もそうかな?
[PR]
by hpylori | 2007-07-21 07:41 | アメリカ生活 | Comments(4)

目の検査


今日はまたまた病院へ視力検査&血液採取&胸部X線をやってもらいに行きました。
全ては1枚の健康診断書作成のためなのですが、今回で3度目の訪病院です。めんどい!

さて、視力検査ですが、「eyesight test」って言うんですね〜。知らなかったので予約を取る際に「eye exam」と言ったら、目の検査をされる羽目に。眼圧やら眼底の状態やらまでチェックされてました。まぁ視力検査もついで程度にしてくれたのですが。

眼底の検査には散瞳薬を点眼させられて、非常に迷惑でした。
瞳孔が開くと小さい字とか全然見えないし、眩しい。それが3時間も持続するのだ。私は目がやたらと良いのでこの見えないという状態が凄くイライラしました。見えないって辛いのね。
で、得意中の得意の視力検査の結果は「20/20」。何じゃこりゃ〜と思って調べたら1.0のことだそうで、それ以上も以下もチェックしてくれませんでした。この国での視力検査は「普通に見える目である」ということを証明するだけなんだなぁとがっかりしました。私は2.0まで見えるのでドクターに感動してもらいたかったのに・・・。

あと1回病院行ったら全て終わる〜。でも、別件の癌検診でまた行く羽目に。なーんで同じ日にやってくれんのかなぁ。
[PR]
by hpylori | 2007-07-20 07:54 | アメリカ生活 | Comments(2)

鳥の色の話


Podcast(ネットラジオみたいなの)を色々聴いているのですが、60 second scienceというのをほぼ毎日聞いてます。本日は鳥ネタでした。

要約すると・・・
チェルノブイリ原発(1980年代)で被害にあった鳥のうちダメージが大きかったのは、カラフルな鳥でした。なぜならカラフルな鳥の色は抗酸化物質を使うので、放射線によるダメージに対抗する十分な抗酸化物が無かったからです。
ということでした。
何だか納得いかない。
カラフルなのが抗酸化物質由来なら、ダメージを受けたときに逆にそれを利用すれば良いからカラフル鳥の方がダメージは弱くなるのが普通じゃないのかなぁと思ったのです。

でちょっと調べてみたのですが、どうやら、色素を抗酸化物質に戻して利用するという機能は備わっていないみたいです。ここに「鳥における男性ホルモンと色の関係について」という面白い記事が載っています。(英語っす)
男性ホルモンが多い鳥は良い具合にマッチョで歌も上手くて色も美しいんだそうです。で、体調が悪いと色が褪せちゃうんだそうです。この色褪せちゃうというのが、抗酸化物質が色にならず、病気に対抗するため活躍しているという状況なわけであります。
性的魅力よりも健康が大事ということですね、と書いてありました。
ごもっとも〜。
[PR]
by hpylori | 2007-07-19 08:09 | その他 | Comments(2)

お札観察


f0044029_8384013.jpg30倍顕微鏡が届きました。そして、手近にある面白そうなものを見ようということで、お札を見ました。(誰かとやってるかのような表現ですが、こんな地味なこと誰も付き合ってくれそうにないので一人でやってました。)

千円札の片隅には小さく NIPPONとか何とか色々書いてました。5ドル札にはfive dollarsと沢山書いてあります。どちらも青く丸した所。

1時間くらいウィンクしながら色んなものを一生懸命見たら非常に目が疲れました。変なところに皺が出来る可能性大なので程々にせねば。

f0044029_8572183.jpg
そうそう、$1札には肉眼では見えないほど小さい蜘蛛が描かれているって聞いたことがあったので一生懸命探したけど見あたらなかったのです。で、ネットで検索したら、どこにいるか分かったのですが、全然蜘蛛みたいでなく、肉眼で普通に見えるし全然つまらなかった。f0044029_8573853.jpg
右の写真の青丸部分で拡大図がこのぼやっとしたモノです。蜘蛛には見えないでしょ〜。
[PR]
by hpylori | 2007-07-18 09:01 | その他 | Comments(4)

帰宅後、夕食と弁当用に3枚のお好み焼きを作りました。弁当箱が四角いのでそれ用に周りを切って、縁部分を夕ご飯にしました。

その後、レンタルした「電車男」(今更)を「うわーやっぱりオタクはいやゃー」とか「中谷美紀はホラーに出るべきや」と一人でブツクサ言いながら見ました。

で、何だか吐き気がしてきました。もしやお好み焼きに問題が?と思いつつドンドン気持ち悪くなってきました。これは、吐いてしまうなぁと思ったとき、大きな問題に気付きました!

運の悪いことに、うちのトイレはその前日新品に取り替えられたばっかりなのです。ナントTOTOブランド。トイレは日本に限ると思っているので帰宅後ピカピカのTOTO便座を見て感涙にむせび記念撮影までしたのです。
「そんなピカピカのTOTOに吐いてしまうなんて、そんなの私出来ない」と悲劇のヒロインのように悩みましたが、まさかキッチンの流しでなんてもっと無理なので泣く泣くTOTOちゃんを選びました。

このTOTOちゃんですが、水使用量が極端に少ないのです。タンクも小さい。よく見ると1.6LPFと書いてある。これは1.6リットル/1回ということだと思うのです。普通は8L位らしいです。これは、画期的ではあ〜りませんか。普段の1/5量。←すんませ〜ん、TOTOちゃんの水量は1.6ガロン=6Lの間違いでした。えへへ。。。やっぱり便器を抱えてきもぢわる〜とか言ってる状態では呆けちゃってますね。というわけで25%減なだけでした。

ちなみにうちのアパートはこの春に一斉にエアコンとトイレを替えています。500世帯もあるからいちいちみんなのスケジュールに合わせるなんて事はせず、「何日にあんたの部屋のトイレ交換するから周りのモノはどけておくように」という紙が来て、あとは当日合い鍵で勝手に入って交換して去っていきます。勿論土足で上がります。
だから、そういうのがあった日は床をくまなく雑巾がけして綺麗にしなくてはいけません。

以前に修理のおっちゃんが来てくれたときは私が在室だったので「靴脱いでくれ〜」と言ったら「オー、メーン」と言いながらも脱いでくれました。が、靴並に汚い靴下だったので、それなら汗が付いてない分靴の方がまだましだったとがっくりしました。

追伸、今日お弁当でお好み焼きを食べても元気なままでした。
[PR]
by hpylori | 2007-07-12 07:30 | アメリカ生活 | Comments(3)

暑いよぉ〜


連日35度くらいあるのだ。出不精に拍車が掛かるぜ!
f0044029_830030.jpg
ということで、週末は基本的に家でゴニョゴニョしてたのです。で、河童さんの本を読んでたら、「ペン型顕微鏡25倍」というのが楽しいというのを自慢げに書いてありました。これが、私も欲しいなぁと思ってネット検索したら、ありゃ、たったの$4だよー。ピンキリだけど。で、これを買うと送料が$6くらいなので、合計は$10。モノより送料の方が高いなんて納得いかんから店に買いに行くべ〜と思ったけど、こういうのって何屋に売ってるのかな?文房具屋かおもちゃ屋だろうなぁ。どこにあるのかなぁ。パッケージにダンディーなおっちゃんの絵が描いてあるなぁ。ということは、おもちゃ屋には売ってないかもな〜。
ちなみにこれは、8倍の望遠鏡と30倍の顕微鏡になるんです。あーぶち欲しい(何故か山口弁)。

そして、残り少ないDC生活をこんな家で無為に過ごしててはいけないなぁと思い、何をすべきか考えたのですが、「夕景〜夜のDCを見て回る」「早朝の動物園に行く」くらいしか思いつかなかった。DCの動物園って朝6時から開いてるのだ。凄いなぁ〜。
[PR]
by hpylori | 2007-07-10 08:41 | アメリカ生活 | Comments(4)

トリの話


昨日は独立記念日。テレビでトリ特集をやっていました(全く関係はない)。

残酷なトリが結構居るんですよ。
ある種のペリカンは3羽の雛のうち一番小さくて弱いのを残り二匹でいじめて巣から追い出して殺すんです。
また別の水辺に住むトリは雛を9匹引き連れているのが普通なんだそうですが、それ以上居る場合、母鳥が一匹ずついじめて(頭にかぶりついたりかなりひどい虐待です)弱いのを探り出し、いじめ殺すんです。ぴゃー。
かと思うと別の水鳥は、母トリと10匹くらいのプリティな雛たちと泳いでいる時に別の同じような母子達に出会うと母同士が対決しちゃうんです。で、負けた母トリはどっかに飛んでいってしまい、すぐさま雛たちは強い母トリの集団に仲間入りしてしまうんです。「誕生して最初に見たモノを母親と思って健気についていく雛」というのは種類によるんだなぁ〜、めちゃくちゃドライだなぁと思いました。
私はトリじゃなくて良かったなぁ。それからカタツムリも絶対嫌だ。寄生虫のお家と化しているから。

そして夕方からミオさんが遊びに来てくれて、こんなトリの話をしたりラーメンズのDVDを見たり、何かを語り合ったり、メシったりお菓子を食べたりしながら日没を待ちました。そして夜9時前にアパートの屋上に行き、独立記念日恒例の花火を眺めました。屋上で見たのは初でしたが、200人以上のご機嫌さんな人々が居てびっくらしました。
が、もっとビックリしたのはメインの花火以外にも凄い数の花火大会が開催されていたことでした。屋上から見ただけでも25箇所くらいでやっていました。さらに、2つくらいは夜12時半過ぎてもまだやっていました。近所迷惑なはずだ。
[PR]
by hpylori | 2007-07-06 08:03 | アメリカ生活 | Comments(6)

同僚達(インド人&中国人)と話をしていて、「目の下がピクピクする」のは良いことが起こる前兆だという言い伝えがあると言ってました。両国共に。「日本ではただの過労やで」と面白くないことを私は伝えましたが、二人とも「そりゃ知ってる」と言ってました。

話は少しずれますが、先日ロンドンでテロ爆弾騒ぎがありましたよね。今日、二人のインド人医師が犯人として逮捕されたと報道されてたようですが、同僚(インド人)がその記事を見て、「この犯人達の名前はムスリムだからインド人と書かずムスリムと書いて欲しい」と言っていました。確かにそういう行為に出たのは宗教によるんだろうからそうだろうけど、宗教色の強い国って複雑だなぁと思いました。

ちなみにこの同僚はヒンズー教徒です。前々からムスリムを軽蔑しているのがありありで、人種などに関して不自然に綺麗事を言う日本で生まれ育つと、露骨すぎて非常に驚きます。

日本の人種差別ってどんなのかホントのトコよく分からないね。

アメリカでは黒人やNative Americanは就学・就職でかなり優遇されているし、中国でも少数民族(56くらいあるそうな)は就学では優遇されるそうです。日本って就職差別はあってもそういう優遇は一切無いよね〜。
[PR]
by hpylori | 2007-07-04 06:53 | アメリカ生活 | Comments(8)