ほおの木、くみの木生活 hpylori.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

デジイチ写真を中心に


by hpylori
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2007年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧


ニューマック


一昨日、衝動買いでノート型マックをネットでオーダーしたのが今日早速届きました。
嬉しい。
所詮私が衝動買いするものは電化製品やパソコンくらいのもんです。
でも、とにかく嬉しい。
早速アパートの屋上にてフリーネットを楽しんでいたら雨が!
なんてついてないんだ〜。
[PR]
by hpylori | 2007-09-28 10:13 | アメリカ生活 | Comments(6)

f0044029_6153329.jpgナイアガラの滝からNiagara on the Lakeという町へは25キロ、ナイアガラ川に沿って南北に走るトレイルがあります。この町には五大湖の一つオンタリオ湖もあります。

私はこっちに来てからの3年半ほとんど自転車に乗っていません。日本に居た頃は日々自転車に乗ってはいたものの近場をウロチョロしてるだけでした。
それなのに何故、サイクリングを思いついてしまったのでしょう???

←こんなオートタイマーで撮影したりとご機嫌でいられたのは行きの半分くらいまででした。それ以降は「何やってんだろう、あたし」と自分へ疑問を投げ続けました。

さて、その行程で目撃したモノは「花時計」「水力発電所」(写真)などなどです。花時計は三宮にある方が大きいし私は好きです。
f0044029_6165518.jpg結局、寄り道をしたり休憩をしまくったりして4時間くらい掛かりました。最終目的地のオンタリオ湖に着いた時にはすでに疲れ果て、お尻は痛いし帰り道を考えるとテンションも低くグッタリでした。湖の側にある倒れた木の上にうつ伏せになってグダァーーとしました。この湖が綺麗なのかどうかも分からなかった。(オンタリオ湖は最後の写真です)

しばしの休憩の後、街へボーっとチャリをおしながら歩いていると肩を叩く人が・・・彼女はホステルで出会った日本人女性でした。朝、私のグッド計画(朝の時点では)を話したら彼女も「私もそれしようかな」と言っていたのでした。で、「疲れたよねぇ〜、甘いモン食おうぜ〜」と意気投合し、アイスクリームを食べ、街をザーッと見て共に帰路につきました。トレイルに灯がほとんど無いので日が沈んだらかなり危険なのでゆっくりしても居られないのでした。
そして、なんと、たったの2時間で帰り着きました。帰りの方が上りが多いのに!
f0044029_618996.jpg人と一緒だと迷惑かけれないし「お尻痛い〜」とかだだもこねれず、早く行けるのでした。彼女が私に気付いて声を掛けてくれて本当に良かったなぁと感謝です。
帰り着いたらお尻と足がめちゃくちゃに痛かったです。(今も足は痛いです)
「もううごけん〜」とか言ってたのに、ライトアップの滝は見ないと後悔するなぁと思い、この女性と一緒に再びチャリンコで見に行きました。

という、かなり過酷なナイアガラの旅でした。
[PR]
by hpylori | 2007-09-26 06:28 | | Comments(4)

またまたFalls


f0044029_2495343.jpg金曜夜から日曜夕方まで、ナイアガラの滝(カナダ側)に行って参りました。

今回は近場であり英語圏なのでまぁ余裕だなと思って何も調べずにいたのですが、前日に「滝しかない所なのですることが無くて時間勿体ないかも」と思い始め色々ネットで情報を見ているうちに、超名案を思いつきました。
「レンタサイクルで滝からNiagara on the Lake(オンタリオ湖がある&かわいい街らしい)までサイクリングしよう!」

こういうのを何て言うんだっけかなぁ、『名案に名案無し』いやいや、そんな言葉はない。そうそう『バカの浅知恵』だ。

f0044029_2504477.jpgということで土曜日、素晴らしい秋晴れのもと、自転車にまたがりご機嫌に滝へ行き、お決まりの「霧の乙女号」に乗って滝の水を存分に浴びて大満足しました。
それから、滝の裏側にも行きましたが、こっちは大したことなくてやめときゃよかったなぁと少し思いました。

その後昼食にピザを食べてから、バカ知恵サイクリングスタートであります。
続く

写真は勿論ナイアガラの滝です。昼と夜。夜のライトアップはカメラちゃんのお陰で割とゴージャスに見えますが、実際はかなり光量が弱くしょぼいです。
[PR]
by hpylori | 2007-09-25 03:01 | | Comments(3)

Great Fallsでまったり休日


f0044029_6265447.jpg素晴らしい秋晴れの日曜日、ミオさんとカンナちゃん(柴犬)と共に Great Fallsへ行きました。

3度目という事もあり、Fallsなのに水量が非常に乏しかったのもあって、「ふーん、大したこと無いね」と喋ってたけど、それでもよく考えたら車でちょろっと行ったらこんな雄大な自然があるという事実は十分感動に足るのでないかいな、、と、家に着いてから思いました。

ミオさんとカンナちゃんとは一緒に何度かお散歩をしたことがあって、周りの人々がカンナちゃんを見ながら「わー、狐みたいだ」「いやいや、オオカミみたいだ」と横で話し合っていたり、「それ、狐?」とか「何犬?」とか質問されることもたまにあったけど、今回はもーうんざりするくらい質問されました。少なくとも10回は聞かれた。アメリカ人って疑問を持ったら聞かずにおれないのかなぁ?日本だと心で思いつつもいちいち確認のために話に行ったりしないのに。f0044029_62784.jpg
毎日散歩してるミオさんはそりゃーもー日々うんざりするほど同じ質問をされてるらしい。「あたしゃ、日本の柴犬じゃ!」と首輪に垂れ幕みたいなのを着けたら良いかもなぁ。

その後、イタリアンレストランでロブスターのリゾットという豪華な夜ご飯+デザートをばっちり食べて満腹で家に帰り着きました。で、翌日の弁当用にエビチリを味見せずに作りました。ほんだら・・・・今日の昼、辛過ぎてヒーヒー言いながら食べました。水を大量に飲みつつ。でも、辛すぎてエビ以外は残しました。明日の分も作ってしまったのでまたあれを食べないかん。拷問やな。
やっぱり味見をするというのは重要だな。
[PR]
by hpylori | 2007-09-18 06:38 | アメリカ生活 | Comments(6)

ズダボロルック


今朝、「どーせネズミ実験だし服なんてなんだって良いんだもんね〜」
なんて思ってテキトーな服を着て仕事に行ったのですが・・・Tシャツとチノパン。Tシャツは少なくとも8年前に買ったものでプリントは剥げつつある。チノパンも多分同じ頃に買って、かつて硫酸がかかって穴が開いているし油性ペンまでついてる。
顔はもちろんスッピン。
さすがにこれはひどいなぁ。
でも、明日も似たり寄ったりの格好で働くんだろうなぁ。
[PR]
by hpylori | 2007-09-14 08:32 | アメリカ生活 | Comments(2)

もはやメキシコの事も忘れるくらい、珍しく仕事が多忙であります。帰国間近で実験を詰め込みすぎているせいであります。忙しい上にラットアレルギーもあるので意外と疲れます。

そんな中、阪神は首位だし安倍さんは辞めるらしいし、日本は盛りだくさんだなぁ〜。
昨日の新聞(Washington Postの小さい版)にはエアギターで世界優勝した大地さんが写真入りで載っていました、びっくりしました。漫才はもうやってないのかなぁ?

と、グダグダな事を書いて終わり。
疲れた時には労いのために辛ラーメンを食べるのだ。
[PR]
by hpylori | 2007-09-13 07:04 | アメリカ生活 | Comments(1)

f0044029_7402031.jpgさて、2泊3日の慌ただしい旅行でしたが、今回使った食費やお土産代などはたったの$100でした。驚きました。これは、物価が安い&旅行者が行くような高級なレストランではなくテキトーな食事をしたからだと思います。それにしてもお金の掛からない旅だったわ〜。
左の写真は今回買ったお土産達(全て自分への)です。写真を小さくし過ぎて詳細はさっぱり分からないな〜。
私は物欲が極端に低いのですが、何か物珍しくてゴチョゴチョと買っちゃいました。色鮮やかなタイルの鍋敷きとお盆が気に入りました。(左写真の手前のもの)
メキシコは銀製品と革製品が名産だそうです。なので銀の指輪と皮のしおりを買いました。この写真のどこかに映っているはずです。
それから、「メキシコでは値切れる」とガイドブックなどにありましたが、私はやっぱり全く値切りませんでした。元値が安いのに値切っても意味無いなぁと。

f0044029_7463588.jpgこの右のは肉です。これをたまに見かけて、美味しそうだったから食べたかったんだけれど、あいにくお腹が空いているときには出会えず、味は分からないままです。絶対美味しいと思うのに、残念。

ということで、そろそろメキシコネタは尽きつつあります。
そうそう、ネタでもないけど、メキシコ人はやたらと「アミーゴ」という言葉を使うので、名前がアミの私は「アミーゴ」と聞こえる度に振り返っていました。
ちなみにアメリカでは「I mean ~」と人が言っていると「あれ、呼んだ?」と思って振り返ります。
自分が思っているほど人は私を呼んではくれないものです。

アディオス
[PR]
by hpylori | 2007-09-11 08:02 | | Comments(4)

f0044029_219424.jpg国立人類学博物館に太陽の石(Sun stone)というのがありました。写真の後の丸いの。
これは昔のカレンダーだそうです。1年を18ヶ月、20日として360日+5日がこの石の中には描かれているらしい。非常に凝ったデザインで面白く、このデザインのお土産を気付いたら3つも買っていました。10ペソコインのデザインもこの石の中央部分です。

日本のように四季がはっきりしていればカレンダーって作りやすい気がするけど、メキシコのように年中似たような温度だとちゃんと1年=365日と決めれたのは本当に凄いなぁと感心したのですが、これは作られたのは11-13世紀あたりだということで、結構最近。感動が薄れてしまった。しかも暦って太陽を基準に出来ているから四季は大して関係ないかも。。。

話は飛びますが、昆虫の中には日照時間を基準にして交尾時期を決めているものがあると聞いたことがあります。気温の変化だと曖昧だけれど、太陽の動きは常に正確だからだそうです。虫ってやっぱり賢いなぁ。桜みたいに間違えないのだ。

話は戻ってこの博物館ですが、ガイドさんに説明してもらいながら見ました。広すぎるので一部しか見れなかったけれど、一番印象に残ったのは、メキシコの古代文明では驚くほど沢山の「生け贄」(人)がなされて、それが名誉であったということでした。
[PR]
by hpylori | 2007-09-09 03:21 | | Comments(3)

f0044029_6192417.jpgメキシコ人の90%はカソリックなんだそうです。それも非常に熱心な。
メトロポリタン・カテドラル(左のん)を訪ねた時は丁度何かの儀式(右下のん)が始まるところで、みんな凄く幸せそうに見ていました。
教会や寺院をいくつか訪ねましたが、みんなほんとに熱心にお祈りをしていました。

カソリックは避妊や中絶を禁止しているらしく、そのお陰でこの国はお金もないのにやたらと子供を産んじゃう人が沢山居ます。そうなるとまともな教育も受けられず、貧しい暮らしが続く・・・。信仰心があれば悲しみは軽減されるのかな?
私は深い信仰心は向上心を欠落させる場合が多々あるから良くないと思う。
f0044029_620343.jpg
ピラミッドに向かう途中、本当にひどいバラックのようなのが山の途中までワラワラと建っているのを見ました。ガイドさん(メキシコ人)が「あそこには貧乏な人達が住んでいて、家が崩れることもしばしばあるけどもしょーがない」みたいなことを言ってました。それをしょーがないと言ってしまうのがどうにもしょーがないなぁと思いました。

また、市内に国立人類学博物館というのがあって、その地域は高級住宅の地域でもあるそうなんだけれど、「この辺に住んでいる金持ちさんはユダヤ人ばっかりです」とガイドさんが言ってました。私は「そんな状況に甘んじたらあかんがな」とこっそり思いました。

以前にニュースでメキシコ人女性達が避妊か中絶かを要求するデモをやっていたのを見ました。テレビ見ながら「いいぞ〜がんばれ〜」とぼやいてましたが、何とかなるにはまだまだ時間が掛かりそうだな。
[PR]
by hpylori | 2007-09-08 06:34 | | Comments(4)

メキシコシティーの中心地から車で1時間くらい行った所にテオティワカンという古代遺跡がありまして、そこにピラミッドが沢山あります。今回の旅の第一目的「ピラミッドに登る」をきっちりやってきました。
f0044029_1101122.jpg

空気が乾いている&薄いので途中ゼェゼェ言いながら登りました。といっても、たったの10分で頂上に着きました。眺めはなかなか良く、満足でありました。
おきまりのパノラマ写真。クリックしたら大きいのが見れます。
この近辺にはサボテンも沢山あって、あー砂漠に居るんだなぁと思いました。

メキシコの辺りは色々な古代文明(アステカ、マヤ、テオティワカンetc)があったそうで、この国に生まれたら歴史の激烈に出来ない私は非常に悲惨な思いをしただろうなと思います。私は縄文時代、弥生時代以降は全然歴史が分からない。。。
それにしても、そんなに素晴らしい文明があったのに、何故今伸び悩んでいるのかなぁ?私はカソリックのせいだと思うのでありますが。。。。続く
[PR]
by hpylori | 2007-09-07 01:12 | | Comments(5)