ほおの木、くみの木生活 hpylori.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

デジイチ写真を中心に


by hpylori
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2016年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧


パリ予習


パリのガイドブックを買いました。お土産のお菓子を見ていると無性に食べたくなりました。
そこで便利な楽天。やっぱり売っているじゃないか。
f0044029_20220189.jpg
職場のみんなと食べました。美味しかったです。

予習ということで映画PARISを見ました。
恋愛映画のようですが、なんでそうなるの〜?ということが結構あって、フランス人の恋愛における思考回路は私には全く理解不能でありました。映画自体はつまらないことはないけど、オススメしません。
f0044029_20184228.jpg
この映画の主役、ジュリエット・ビノシュはこの映画では冴えないおばさんなのですが、凄く色んな映画に出ていて、大体は凄く素敵。化粧薄くて、いい歳の取り方をしている女優さんです。
私が最初にこの女優さんを見たのはトリコロールの青で、この映画が大体20年前。今回の映画よりはこっちの青の方がずっと好みだなぁ。
f0044029_20362185.jpg

PARISに加えて、パリジュテームという映画も見ました。パリを舞台にした短いストーリーが18話くらいランダムに続く、それぞれ監督も違う。分かろうとか、何か得ようとかする映画では無い。
1つ印象に残った話が、フランスにあこがれたアメリカ人中年女性(独身)がパリへ6日間の一人旅をするというストーリー。自分と被る感じで切なかった。中年太り、ダサいファッションで公園のベンチ座ってサンドイッチ食べて、これがしたかったのか自分?みたいな雰囲気が出つつ、何かに気付いた彼女はちょっとだけ泣く。あ〜、あれ私だ。あれになりたくないからとりあえず、オシャレだけはしよう!!
ちなみにこの映画にもジュリエット・ビノシュ出ている。ナタリーポートマンも。英語のストーリーも結構多かったし、見たことある俳優さんもチラホラ。日本人が作ったストーリーも1つあった。この映画もオススメはしない。
f0044029_20564452.jpg


[PR]
by hpylori | 2016-09-18 20:54 | | Comments(1)

ピロリ菌のやつめ


私はピロリ菌の研究もしているので、一般人よりはピロリ菌贔屓です。
そんなわたくし、2年くらい前の健康診断で感染者と判明。
すぐに病院に行って治療薬をもらったまま放置することほぼ2年。

ピロリ菌使う仕事も一段落したので除菌を開始しました。3剤セットを朝晩×7日間。
それから6週間後に除菌確認に行ってきました。それが今週。

結果、除菌失敗。。。
しかもピロリ菌がめっちゃ居るそうです。人生で胃の調子が悪い事なんてほぼゼロなのに、めっちゃおるんかぁ〜。

ピロリ菌に急に腹が立ってきました。優しくしていればいい気になりよって!!

今回飲んだ薬では7割は除菌成功するそうです。服薬中は異常に食欲が増すという誰にも起こっていないような副作用が出現しただけで別に困りはしなかったけれど、無駄に薬を飲んだと思うと腹立たしい。

さて、次の除菌薬セットも3剤同時に飲む×7日間です。
気が向いたら飲もっと。
[PR]
by hpylori | 2016-09-17 22:11 | 普通の日々 | Comments(4)

パリへ行くぞ!


先週末は一人東京で遊んできました。

メインはリン・ツイスト(TED動画)さんという自然保護などの活動をしている女性のお話を聞くことでした。目的を見つけて生きている人で、非常に綺麗な英語を話してくれて、同時通訳の人の日本語も綺麗で、良い時間でした。同じくこの会に参加していて、席が近かったり懇親会などで仲良くなった人達は神戸の人だったりマレーシアからこのために来た人だったり色々で、非日常を堪能しました。

「富士そば」という関東ではメジャーな24時間営業の駅そばを食べて、美味しかったのもカルチャーショックでした。

それで、なんでパリやねんという話なのですが。。。

東京で行った美術館の「ポンピドゥーセンター傑作展」と写真展の影響なのです。

ポンピドゥーセンターはパリにある現代美術を展示している所です。この展示では、1900年代に如何に色んな国の人がパリに集まって刺激し合っていたかが紹介されていたり、ナチスの影響で芸術が迫害されたり、それでも抵抗したり・・・、色んな事が紹介されていました。この時点でパリってやっぱ凄く自由で良いところなんだなぁと思い始めてしまった。

その後、写真展です。こっちは2015年報道写真展だったのですが、ISとかシリア難民の悲惨な写真山盛りでかなりきつかったです。そこでもまたパリの「我々は屈しないぞ」的な写真を見て、おぉ、パリ、カッコイイ、行きたい!となったわけです。
単純!

で、スケジュール見ると11/3の辺は祝日あり、職場の創立記念日あり、繁忙期も終わっている時期でもあり、ポッカリと予定が空いている〜。私はまだ夏休みも有休も残っている〜。
ということで、早速ツアー探しを開始し、同時にガイドブックを買い、翌日には予約確定しました。この辺の決断力の早さは自分でも凄いと思う。4泊6日で行ってきます〜。モンサンミッシェルも行きます。

ということで、今現在パリモードです。

今日は百貨店でブラブラしていると(映画シン・ゴジラ見るはずが満席で見られなかったので)、ワンピースを沢山置いているお店が気になって見てたら、全てヨーロッパから買い集めたセレクトショップですとのこと。
店員さんに促されるままに見て、1つずつこれはイギリス、これはフランス、と買い付け元を聞いたり、デザインにどういう工夫がされているかとか、色々教えてもらって、色んなワンピースを試着しました。試着してる途中くらいから、あれ、行くなら現地で買った方が良いんじゃ無いのか?と思ったりもしたけど、旅行に持って行くのに皺にならないし良いですよなど、上手にすすめられて、一着買ってしまいました。
f0044029_20373343.png
私としては大挑戦だけど、試着した中では一番地味。店員さん的にはもっと斬新なのを着て欲しいようでした。

さらに、休会していたTSUTAYAの宅配DVDレンタルを再開し、Paris関連の予習をすべく、映画をポチポチと予約しました。楽しい。
[PR]
by hpylori | 2016-09-11 20:49 | | Comments(7)