くじらの博物館

今回の旅で一番気に入ったのは太地のくじら博物館でした。
クジラのショーが見れたり、イルカのショーが見れたりというのもさることながら、最もテンションが上がったのはサメの卵でした。この中でちゃんと赤ちゃんサメが泳いでいるのが見えました。この時点で4ヶ月くらいでしたが、孵化まで8ヶ月だそうです。形はこれまでも見たことがあったけれど、実際にこの中で泳いでいるとは知らなかった。
f0044029_22315979.jpg
他には最近よく見るトンネル状の水槽。ここではイルカの交尾が見れました。ま、見たかったわけでは無いけれど。
f0044029_22341474.jpg
f0044029_22341457.jpg

トイレットペーパーにはクジラのうんちくが書いてあります。これは館内だけでなく駅のおトイレでも使われていました。1つ150円。買ってしまった。。。
f0044029_22315932.jpg
クジラショーの後、「マッコウクジラ(だったと思う)は傷だらけです。」という説明をしてくれる間、傷が見えやすいようにしてくれているクジラ。めちゃくちゃ可愛い。近所にあれば足繁く通うだろうけれど、遠すぎる。
f0044029_22315945.jpg

クラゲも居たよ。
f0044029_22341452.jpg







[PR]
Commented by とみこ at 2014-04-27 16:48 x
クジラの博物館、初めて聞きましたがなかなか充実してますね、和歌山と言えばアドベンチャーワールドだけと思い込んでいました。傷が見えやすいようにするなんて!なんてよく躾けられて居るのだろう、しかもあどけない表情で!サメは哺乳類ではなく、魚類なんですね、卵の大きさが分からないけど不思議な形。トイレットペーパー、ミオさんも買ったのかしら?私も居たら買っただろうなー、面白い。
Commented by みお at 2014-04-28 11:10 x
クジラ博物館は資料価値とエンターテイメント性の両方を兼ね備えた大当たり!なとこだったわー。しかもイルカほど俊敏じゃないクジラのノタノタしたショーの脱力感も最高。
とみこさん、私はトイレットペーパーは買わずに写真だけでした。館内のトイレからシャッター音がして怪しかったかもしれないけど、無人だったから許してってことで...
Commented by hpylori at 2014-04-28 22:44
サメの卵は手のひらサイズです。クジラはとにかく愛らしかった。
ジャンプしても標的まで届かないとか、可笑しかったわ。

トイレットペーパーはトイレで使うの勿体ないからとりあえず机の上に放ったらかしたままです。どうやって使おうかな。
by hpylori | 2014-04-25 22:43 | | Comments(3)

デジイチ写真を中心に


by hpylori