明日が心配・・・

今日はバドミントンを3時間やりました。がっつりやるのはほぼ9年ぶり。
高校時代に部活でやった後は、突如思い出したようにサークルをネットで探し、ちょっと参加しては辞めたりを繰り返すこと20数年。(時間のスケールが長い!!)
そんなわけで、明日の筋肉具合が恐ろしい〜。

忙しかった日々が一段落ついたら色々とやり出したくなるので、基本アクティブなんだな私。

バド後、ヘロヘロで帰ってから爆食いし、借りてた映画「桐島、部活やめるってよ」を見た。
f0044029_21313352.jpg
高校生の日々や人間模様を描いた内容。
バドミントン部の女子も二人出てくる。タイミング良いわ〜。
この映画は2013年に日本アカデミー賞とったそうです。
高校生以外が見ても感じるモノはあると聞いたので見てみました。

自分の時代のせいか、男子に囲まれた理系だったせいか、精神年齢が幼かったせいか、それほどあるあるは無かった。

おそらく伝えたい象徴的な二人はこんな感じ。
・何でも出来て格好良くてモテモテの男子が、何にも情熱を燃やせていない自分を不甲斐なく感じている。
・映画部でダサくて気の弱い男子が、映画への情熱を持ってイキイキしている。(←きっと自分の在り方を深く考えたこと無い)
私はこの2択なら後者だな。大きな目標も無くしんどい部活を続けてたもんな。そういう迷いのなさって幸せなんかな。

[PR]
Commented by みお at 2017-12-18 12:26 x
こないだのロンドン出張のフライトで「何者」観たよ!同じひとが原作なんだよね。おもしろかった。就職活動なんて日本人にしかわかんない題材の映画をサンフランシスコ−ロンドン間で観せてどうすんだかわかんないけど。
それも観たいなー。
Commented by hpylori at 2017-12-25 18:56
みおさんのブログ見て「何者」も見ようと思ってるんよ。原作者同じなんだ、そうなるとこの映画と同じテイストかな。
日本だとこっちの桐島・・の方が大分評判になったよ。就活よりも高校生活のほうがもっと身近だからだろね。
アメリカで見るのって無理なんかなぁ。
by hpylori | 2017-12-17 21:37 | 映画 | Comments(2)

デジイチ写真を中心に


by hpylori